FC塾オーナーの1日

学習塾のオーナーの一日のスケジュールをご紹介します。

フランチャイズ学習塾のオーナーの一日の業務を紹介!

学習塾をフランチャイズで開業したオーナーは、日々どのような仕事をするのでしょうか。オーナーとしての業務を知っていただくために、具体的な一日のスケジュールをご紹介しようと思います。

塾の規模、あるいは、事業の規模によっても異なりますが、フランチャイズ塾のオーナーの一般的なパターンをご紹介したいと思います。

学習塾のフランチャイズオーナーの一日

14:00 出勤、始業準備

始業の準備をします。具体的には、掃除など教室の整備をしたり、受付準備をしたりします。生徒に快適な環境で学習してもらうための準備は毎日の大切な仕事です。

14:30 デスクワーク

経営管理のためのデータ入力や確認、生徒の学習状況の確認と今日の授業内容の確認、プリントなどの資料の準備などを行います。必要に応じて、講師と授業前に打ち合わせをすることもあります。

また、入塾希望者や説明会参加希望者などの問い合わせの対応もします。塾によっては、説明会や保護者懇談会なども行います。

16:00 授業開始

生徒が塾へやってきます。生徒を出迎え、あいさつするようにしましょう。出欠確認をオーナーがすることもあります。

授業が始まれば、必要に応じて授業をチェックしたり、学習の進度を見たりします。講師だけでは目の届かないところへ気配りをするのもオーナーの仕事のひとつ。

21:30 授業終了、ミーティングなど

授業がすべて終わった後は、生徒を見送ります。

その後は、講師とのミーティングを行います。授業の進度の確認や、授業をする上での問題について話し合ったりします。生徒への連絡事項、注意事項などもここで確認します。

塾によっては、授業結果報告書などが講師から提出され、それを保護者と共有する場合もあります。

最後に、翌日の授業内容や講師の講義割り当てなどを確認し、翌日の準備をしておきます。後片付けや戸締りをして、終業となります。