HOME » 塾の開業に必要な資金を知る

塾の開業に必要な資金を知る

フランチャイズで塾を開業するのに必要な資金の目安や、低資金での開業の方法などをご紹介しています。

フランチャイズ学習塾の開業に必要な資金

数多あるフランチャイズグループの中で学習塾のFC開業を検討するためには、資金や収益モデルのことをよく知る必要があります。どれくらいの資金で開業ができるのか、そしてどれくらいの収益が必要なのか、ご紹介していこうと思います。

開業資金の目安

フランチャイズでの塾の開業は、ほかの業種に比べて初期コストが安いのが魅力です。内外装の工事は最低限で済むうえに、設備の導入にもそれほど費用がかからないからです。

結論から言うと、平均的な開業資金の目安は300~1,000万円ほど。詳細ページでは、その内訳や初期コストを抑えるための考え方もご紹介します。

収入・支出の目安

開業した後は、しっかりと黒字を出すことが大切。塾の経営には日々どういった費用がかかるのか、その具体的な支出項目と費用の目安をご紹介しています。

もちろん、フランチャイズ本部に支払うロイヤルティなどの目安もご紹介しています。経費とロイヤルティなどを支払って十分な収益を出すには、どれくらいの売り上げが必要なのでしょうか?とあるフランチャイズグループでの収益モデルを使い、学習塾の収入や支出の目安をご紹介します。

学習塾を低資金で開業するために

一般的な開業資金の目安は300万円くらいから、とご紹介しました。しかし、工夫によってはさらに低額での開業も可能です。

開業場所を工夫する

たとえば、自宅での開業。賃料がまったくかからないので、コストは大きく下がります。あるいは地域の会館や会議室での授業。これも、賃貸物件よりもかなり低コストで済みます。生徒の数を少なくして運営するのならば、開業場所を柔軟に工夫するのも手です。

備品を安く購入する

机やイス、パソコンなどはリサイクルショップや中古OA機器ショップなどを利用するとよいでしょう。特にスタッフ用の備品は新品である必要はないので、こういったところでコストを下げることができます。

自ら講師をする

生徒が少ないうちは、講師を雇うのが難しいこともあります。その場合は、オーナー自ら講師として指導するのもよいでしょう。体験入学やイベントをして、集客につなげることもできます。