HOME » 塾の開業に必要な資金を知る » 開業資金の目安

開業資金の目安

学習塾をフランチャイズで開業するのに必要な初期費用をご紹介しています。

学習塾の開業に必要な資金の目安

学習塾の開業を検討するにあたって、ほかの業種と比較したいのは開業に必要な初期費用。塾は他業種に比べ低資金ではじめられることがメリットとされていますが、実際にはどれくらいの資金が必要になるのでしょうか。

先に結論を言ってしまうと、学習塾の開業資金の目安は300万円~1,000万円くらいが相場です。加盟金がない代わりにロイヤリティの高いフランチャイズもあれば、その逆もあるので、フランチャイザーによってバラつきがあります。

細かい内訳はフランチャイザーごとにチェックしていただきたいのですが、ここでは実際に開業にかかる費用の内訳をご紹介したいと思います。

フランチャイズ加盟に必要な費用

まず、フランチャイズ加盟には加盟金などの費用が必要です。具体的には、加盟金、保証金、研修費、広告宣伝委託金、開業支援費、認可料といった名目の加盟費用が必要になります。

もちろんこれらのすべてが必要なわけではなく、必要な費用はフランチャイズグループによって異なります。目安としては加盟金200~500万円、研修費20~50万円、保証金30~50万円などを中心に、合計で350~700万円ぐらいが相場だと考えておくとよいでしょう。

設備・物件取得費など

塾の開業には、備品や設備を整える必要があります。以下のようなものを初めに買い揃えます。

  • 備品:机、いす、棚、ホワイトボード、パーテーションなど
  • OA機器:パソコン、電話、コピー機、スキャナなど
  • 外装:看板、カッティングシートなど
  • 教材、文房具などの小物

これらは小規模な塾なら200~300万円前後で揃うと思います。

また、塾を開業する物件の取得には敷金・礼金や数か月分の家賃が必要になります。規模によって大きく変わりますが、50~100万円ほどは少なくとも必要になります。

広告・宣伝費

チラシやWEBサイトの作成にも費用が必要です。フランチャイザーによっては、これらが開設諸費用の中に含まれていることも多くあります。広告・宣伝をフランチャイズ本部で用意してくれることがあるので、フランチャイザーを選ぶときにチェックするとよいでしょう。自分で広告・宣伝をする場合は、100万円~は見ておくべきです。

また、生徒募集だけでなく講師の募集にも広告や宣伝が必要です。宣伝なしではまったく講師が集まりません。必要な講師が集まるまで宣伝を続けなくてはならないので、ある程度の出費は必要です。

当面の生活費

開業してすぐに収入が得られるわけではなく、生徒が集まって売り上げが出るまでは無収入です。利益が出るまでにはある程度時間がかかるので、少なくとも半年暮らせるだけの生活費は確保しておきましょう。

初期費用を抑えるには?

これらの初期費用は、もちろん安く済むのがベスト。では、初期費用を抑えるにはどうしたらいいのでしょうか?

ひとつは、設備や備品の費用を抑えること。OA機器の中古品専門店やリサイクルショップで買いそろえれば、備品はかなりコストを抑えることができます。また、インターネット通販などを上手に使って、できるだけ安く購入することも大切です。

逆にしっかりお金をかけたいのが賃料や物件取得費と、広告・宣伝費

物件の立地や雰囲気は集客に直接影響します。ここをケチったばかりに集客に苦労するのでは本末転倒です。もちろん、家賃の交渉は必要。価値の高い物件をできるだけ安く借りる努力をしましょう。

また、広告・宣伝費もある程度は必ず必要です。しかし広告を出すのが効果的なタイミング、そうでないタイミングがあります。コストをかける時期を見定めて、必要なときに必要な分だけ広告宣伝費を使いましょう。