HOME » 成功する学習塾の経営ノウハウを知る

成功する学習塾の経営ノウハウを知る

フランチャイズシステムを利用して塾の開業を成功させるための、経営ノウハウをご紹介しています。

成功には理由がある!塾を経営するなら知っておきたい、3つのポイント

塾での開業を成功させたケースは、言うまでもなく数え切れないほど存在します。新しく学習塾のオーナーになる方がそれに続くためには、先達が成功した理由の分析が欠かせません

塾開業の成功の理由とは?

塾開業に成功している多くの経営者たちには、収益を出すためのノウハウがあります。塾のスタイルや経営思想ごとに合うノウハウは様々だと思いますが、これだけは押さえておきたいというポイントが3つあります。

それは生徒の集客方法月謝の回収方法、そして講師の採用・育成の方法です。集客ができなくては塾経営は始まりませんし、月謝の確実な回収はキャッシュフローの安定に欠かせないもの。講師の質が悪くては、集客ができてもすぐに生徒が離れて行ってしまいます。

この3つのポイントが揃ってこそ、塾の経営は軌道に乗り、収益を出すことができるのです。

成功のためのノウハウを手に入れる方法とは?

塾の開業は、個人でも可能です。実際、今でも学習塾は個人経営の塾の割合が多いようです。しかし、独立経営では経営のためのノウハウがなく、開業がかなりのギャンブルになってしまう可能性があります。

そうではなく、はじめから成功のためのノウハウをもって開業できれば、事業の成功が格段に近くなります。その点において、個人ではなくフランチャイズグループに加盟した上での開業のほうが圧倒的に有利です。

フランチャイズグループなら知名度や実績を利用した宣伝・集客戦略をとることができます。月謝の回収も、代行業者を利用してより確実に回収することができます。講師の採用や研修についても、実績のあるフランチャイズ本部のシステムを利用できるので、はじめての塾経営でも心配ありません。

塾開業のノウハウはいろいろありますが、それを手に入れるためにはフランチャイズへの加盟をオススメします。

フランチャイズ加盟によって得られるノウハウとそのメリット

では、フランチャイズへの加盟によってどのようなノウハウやメリットが得られるのでしょうか。その具体例をご紹介します。

1.集客 ~生徒を効率的に集める3本柱とは?~

塾の経営の基盤は、まずは顧客を集めることにあります。とりわけ4月の進級・進学シーズンの集客の結果は、一年の売上を決めると言っても過言ではありません。授業の質を高めることも大切ですが、集客ができなくては何の意味もありません。

集客は、広告・看板、口コミ、そしてWEB・SNSという3本柱で進めていきます。

チラシのポスティングや看板の力は今でも有効で、学習塾のようなローカルなサービスでは、チラシを見て入塾先を決めるケースが少なくありません。看板を出すことによって、地域で認知されることも大切です。

同様に、あるいはそれ以上に強力なのが、生徒や保護者の口コミ情報。誰かが「あそこはいいよ」と言えば、友達を連れてきてくれるのです。顧客が顧客を呼ぶ、そんな口コミの力は大いに利用したいものです。

そして、今ではどんなサービスも必ずSNSでその評価を確認される時代。WEBサイトやSNSによる情報発信は、今や必ず必要です。

フランチャイズなら、チラシや看板は本部で用意してくれることがあります。SNSやWEBでの発信も、本部のバックアップがあればかなり気軽にできます。何よりフランチャイズグループは知名度があるので、集客面で大いに有利になります。

2.月謝の回収 ~キャッシュフローが安定する方法は?~

学習塾の収入を安定させるためには、生徒からの月謝を確実に回収することが大切です。未納や滞納のリスクを避けるために、回収方法を工夫する必要があります。

月謝の回収方法は、主に3種類あります。月謝袋で払ってもらう方法、銀行口座に振り込んでもらう方法、そして集金代行業者を利用する方法です。

いちばん確実なのは、集金代行業者を利用する方法。手数料はかかりますが、毎月決まった日に確実に月謝分の金額が振り込まれます。手数料を払う代わりに、未納・滞納のリスクは集金代行業者が肩代わりしてくれるので、キャッシュフローが安定するというメリットがあります。そのため、集金代行業者を利用できるフランチャイズを選ぶのが得策です。

3.講師の育成・採用 ~失敗しない講師指導・研修をするには?~

講師の質は、塾の雰囲気や評価を決める大きな要因のひとつ。講師が良ければ、良い口コミが広がり、集客にもつながります。そこで考えなければいけないのが、講師の採用や育成の方法。

講師の採用試験には、学力試験はもちろんのこと、社会人としての評価もする必要があります。生徒と直接コミュニケーションする立場にある講師は、学習指導だけでなく、生徒や保護者に対する対応力がなくてはなりません

それは、講師の育成においても必要なこと。指導が上手なだけではなく、どの生徒や保護者からも不満が生まれず、退塾者を出さないような工夫ができる講師を育成しなくてはなりません。

そういった講師指導や研修のシステムは、フランチャイズ本部のノウハウを利用するのがベスト自己流の指導をするよりも、実績のある指導や研修を利用する方が効果が高いことは言うまでもありません。

そのほかの経営ノウハウ

ほかにも、学習塾経営に重要なポイントはいくつかあります。

開業する塾の規模

学習塾経営で利益を出すためには、ニーズにあったタイプの学習塾を始めるのがベスト

学習塾には、集団指導塾と個別指導塾の2種類があります。生徒や保護者のニーズが高く、しかも経営面で有利なのは個別指導塾、あるいは少人数制の塾です。

生徒や保護者から見れば、個別指導や少人数指導は、講師の目が生徒に行き届きやすく、丁寧に指導してくれるという期待があります。

一方、個別指導や少人数指導は、大人数での授業よりも月謝が高めになります。客単価が高く、顧客の満足度が高いのであれば、個別・少人数指導の方が経営面でも有利ですよね。

生徒が自分のペースで学べて、弱点もしっかり補強できるので、今後も個別指導や少人数指導のフランチャイズが注目されていくでしょう。

開業までの資金繰り

開業する前に必ず知っておいていただきたいのが、開業までの資金繰りのこと。

開業準備を始めてから、実際に学習塾を開校して、生徒を集め、売上が上がるまでどれくらいの時間がかかるでしょうか?最初の月謝の支払いがあるまで、手元には1円も入ってきません。一度生徒が定着すればかなり売上が安定するのが学習塾のメリットですが、それまでのキャッシュフローはしっかりと見通しておくことが大切

塾に限ったことではありませんが、事業をはじめるなら少なくとも半年間は無収入でも暮らせるように、生活費を用意しておきましょう

資金繰りで苦労しないためには、十分な自己資金を用意すること、あるいは開業コストをできるだけ抑えることが必要です。自己資金には限りがありますから、開業コストを抑える努力も必要。そのためには、次で説明するフランチャイザー選びもポイントになります。

フランチャイズグループ選び

学習塾経営の成功を決めるのは、実はフランチャイズグループ選びがいちばん大切かもしれません。

上でも触れたように、開業後の資金繰りを安定させるためには、開業資金を抑えることが大切。加盟金が高額になるフランチャイズグループを選んでしまうと、キャッシュフローが厳しくなって最初から経営がうまくいかなくなる恐れがあります。

とはいえ、安ければいいというものでもありません。大切なのは、サポートの質や充実度。宣伝・集客や講師の研修、学費管理・回収システムなど、立ち上げから経営までしっかりサポートしてくれるフランチャイズを選ぶことが大切です。サポートがしっかりしたFCなら、ノウハウの詰まったマニュアルを参照しながら事業を展開することができます。フランチャイズは新規開業者の強い味方になってくれるものですから、フランチャイズ選びは慎重に行いましょう。

多くのオーナーが満足している塾のフランチャイズはココ>>