月謝の回収方法

月謝の未納や滞納のリスクを避けることで、キャッシュフローを安定させるための塾経営ノウハウをご紹介します。

未納・滞納のリスクを回避!ベストな月謝の回収方法とは

学習塾の売上は、もちろん生徒からの月謝です。学習塾の経営で頭を悩まさせるのは、この月謝の回収のこと。未納や滞納をされるリスクは必ずあります。このリスクを避け、安定した収入を得るためには、月謝の回収方法を工夫する必要があります。

そこで、ここでは塾経営のノウハウのひとつ、月謝の回収方法を3パターンご紹介します。

1.月謝袋で回収 ~昔ながらの手軽な集金~

昔ながらの方法。月謝袋を生徒に配布して、月謝を入れて持参させ回収する方法です。小さな塾、個人塾では今でも使われています。

袋を用意すればいいだけなので、手軽に導入できます。月謝の回収の時に生徒とコミュニケーションが取れるのもメリットのひとつ。また、月謝を変更するときにも、袋に金額を記載するだけなので簡単です。

ただし、現金を持ち運ばせるので盗難の心配があります。生徒が多い場合は管理が大変になってしまう可能性もありますね。また、未納や滞納に対する対策が取りにくいのも難しいところです。

2.口座振込で回収 ~盗難のリスクなし~

もっとも一般的なのは、口座振込による回収かもしれません。月謝振込用の口座を用意して、各家庭から月謝を振り込んでもらう方法です。最近はネットバンキングも普及して、利便性が高い方法となっています。

口座を用意するだけで始められるので、月謝袋同様に気軽な方法です。現金と違って盗難などのリスクがないという安心感もあります。

ただし、振込手数料を負担してもらうことになるのと、生徒が多い塾では振込をした家庭、してない家庭の管理が煩雑になってしまうというデメリットがあります。また、月謝袋同様に入金日が一定ではないので、キャッシュフローが不安定になる可能性もあります。

3.集金代行業者で回収 ~未納・滞納のリスク回避~

大手塾で採用されているのが、集金代行業者を利用する方法です。集金は業者がすべて代行してくれて、月謝から手数料を引いた額を塾の口座に振り込んでくれます。

実際の未納や滞納の存在に関わらず発生した月謝を振り込んでくれるので、未納・滞納のリスクを小さくすることができます。入金日が一定になるので、キャッシュフローが安定するという面もあります。

代行手数料がかかるというデメリットはありますが、リスク回避という面ではメリットが大きい方法です。

集金代行が使えるフランチャイズがオススメ!

月謝袋や口座振込での回収の問題点をほぼクリアしていて、しかも未納や滞納のリスクを避けることができるという点で、やはり集金代行業者を利用するのがいちばん確実な方法です。

月謝を払った生徒、払っていない生徒の管理にも手間がかかりますから、その人件費のことを考えても集金代行を利用した方が結果的にはコストが安くなると思います。

この点を踏まえると、安定した入金、キャッシュフローによる経営を考えているなら、集金代行業者に依頼ができるフランチャイズシステムを利用するのがオススメ

月謝の管理を自分でしなければいけないFC塾だと、不要な手間やリスクが発生してしまうかもしれません。手数料以上の効果はあるので、フランチャイズ探しをするときはチェックをしておくとよいでしょう。

集金サポートもしっかりしている!おすすめ塾のフランチャイズはココ>>