生徒の集客方法

塾経営ノウハウとして頭に入れておきたい、生徒の集客方法についてご紹介しています。

知っておきたい塾経営ノウハウその1:生徒の集客方法

塾の経営を軌道に乗せるための最重要ポイントは、何といっても集客です。4月の進級・進学シーズンにどれだけ入塾生を集められるかで、その一年の利益が決まります。どんなに質の高い授業やサービスを提供しても、集客ができなくては利益が出ません。

ここでは、知っておきたい集客方法のポイントを3つご紹介したいと思います。

1.定番!広告・看板による宣伝

定番で、もっとも単純な方法が広告やチラシ・看板を使った宣伝方法。今どきチラシや看板?なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これを侮ってはいけません。

塾というのは、基本的には住んでいる地域で探すのが一般的。宣伝の対象はローカルな範囲に限られてきます(電車に乗って通うような進学予備校なら話は別ですが)。こういったケースでは、ポスティングや駅前、学校のまわりでのチラシ配りは今でも効果的です。

以前ほどではありませんが、チラシを集客の軸にしている塾も少なくありません。あるいは、地元の情報誌に広告を載せるのも一般的です。地域に根差した経営が必要な学習塾では、ローカルでの宣伝に特化した方法が大切です。

また、侮れないのが看板の力塾の前を通る保護者や生徒に認識してもらえるというだけで、看板は効果的です。「あそこに塾があるよね」というところから興味を持ってもらえれば、宣伝は成功です。

2.生徒が生徒を呼ぶ!生徒や保護者の口コミ

今も昔も強力な力を持つのが、地域の生徒や保護者による口コミ。「友達がいいって言うから」「◯◯くんのお母さんから、あそこがいいって聞いたよ」という情報は、信頼される可能性が高いのです。

では、口コミを広めるにはどんな方法があるでしょうか?

まずは、授業の満足度を高め、実績を増やすこと。結果の出る塾は、当然評判になります。またそれだけではなく、地域の競合塾に絶対負けないような特徴をアピールするとよいでしょう。「あそこの塾は◯◯がスゴイんだよ」というポイントがあれば、生徒や保護者にとって語りやすい=口コミのネタにしやすい塾になることができます。

「物語」を知ってもらうのも手です。たとえば、異業種から塾経営に転身するまでのストーリー。塾に対する想いと、そこに至る経緯を語るのもよいでしょう。生徒や保護者が人に語りたくなるようなエピソードや特徴があると、口コミを呼びやすくなります。

3.WEBやSNSの活用

最後に、現代では避けて通れないWEBサイトやSNSでの宣伝

既に、保護者世代はSNSを日々活用しており、情報収集もSNSでするのが当たり前です。ホームページは当然のこと、Facebookページで授業内容や日々の取組みを紹介したりするのは常識になっています。LineやTwitterで最新の情報を発信するのも良いでしょう。

SNSで塾の生徒や講師をつなぐコミュニティを用意すれば、生徒同士のつながりが密になり、それが口コミや集客につながるという面もあります。

フランチャイズのノウハウを活用しよう!

ここで紹介した3つの集客ポイントのノウハウは、実はフランチャイズを利用した開業なら簡単に利用することができます。看板は知名度の高いFC塾のものを利用できますし、チラシや広告の上手な出稿方法もフランチャイズにノウハウがあります。

また、WEBサイト作成のためのサポートや、SNSの活用もフランチャイズ本部の協力があれば難しいものではありません。youtubeなどの動画サイトを利用した宣伝は、個人でやるよりもフランチャイズを利用する方が圧倒的に質の高いものが作れます。

経営の最重要ポイントである集客を上手に行うなら、こういった集客ノウハウやサポートの充実したフランチャイズに加盟するのが良いでしょう。

集客力が得意!おすすめな塾のフランチャイズはココ>>