HOME » 学習塾経営の「今」を知る

学習塾経営の「今」を知る

学習塾経営をめぐる、現在の状況を解説しています。

成功への道は、学習塾経営の「今」を理解することにあり!

学習塾市場は、教育産業の中でも成長の可能性がある分野として注目されています。新規参入のチャンスではありますが、まずは現在の状況を知ることが大切です。

そこで、ここでは学習塾の現況について、その概況を解説していきたいと思います。学習塾の市場、塾の経営タイプ、そしてFC塾開業の成功のポイントをまとめてみました。それぞれのトピックスについて詳細ページを設けているので、そちらもぜひご覧ください。

学習塾市場の現在

少子化問題が解消されない中、教育産業はその影響を大きく受けています。教育分野全体では縮小の傾向にあるのですが、その中でも学習塾は成長を続けています。それゆえ、学習塾は新規参入のチャンスだと言われています。

景気が悪くても、教育費用は削らないのが親の心理というもの。教育費を減らすことより、質の高い教育を求める家庭が増えているため、市場には成長の余地があります。

塾の経営タイプ

現在、学習塾には以下のようなタイプがあります。

  • 補習塾
  • 進学塾
  • 総合塾
  • 個別指導塾
  • 集団指導塾

そしていま注目されているのが個別指導。生徒それぞれのペースで学べて、丁寧に指導ができることで人気です。相性のよい先生を選ぶことができるので、生徒にとってメリットが大きいようです。学習塾全体の中で、集団塾のシェアは増え続けています。

FC塾開業で成功するには?

フランチャイズでの塾開業を成功させるには、「広告宣伝費を抑える」「収支を把握する」「優秀な人材を確保する」この3つが重要なポイントとされています。

効果的なタイミングに広告宣伝を絞り、経費をしっかりと理解して利益を出すこと。そして優秀な講師を確保し、口コミ・評判が広がる塾にすること。これによって、開業1年目から利益を出し、5年経過したころには年収1,000万円以上も十分可能になります。