HOME » 学習塾経営の「今」を知る » FC塾開業で成功するには?

FC塾開業で成功するには?

FC塾開業で成功するために押さえておきたい、コツやポイントについて解説しています。

FC開業で成功するためのポイントとは

FCで塾を開業し、成功するために重要なポイントがあります。それは「広告・宣伝費の抑制」「収支の把握」「優秀な人材の確保」の3つ。ここを押さえておけば、塾の開業はかなり成功しやすいビジネスモデルだと言われています。

いまFC塾を開業する方に知っておきたい3つのポイントについて解説していきます。

広告・宣伝費の抑制

集客のために欠かせないのが、広告や宣伝。適切な広告を打てばたしかに生徒は集まりやすくなりますが、コストがかさんでは意味がありません。

少ない予算で広告効果を上げるには、タイミングが重要学校の成績が出た後、定期試験の前後、そして入試の前後が狙い目。効果の出やすいタイミングに予算を投入して、効率よく集客することが大切です。

収支の把握

塾開業の年収は、平均的には初年度で200~500万円、3年目で400~700万円、5年目ごろには1,000万円を超えるオーナーも現れるようになります

塾数も複数拠点を持つようになると思いますが、家賃や運営費を抑えられるような物件探し、そしてフランチャイズグループを見つけましょう。支出を把握し、コントロールすることが成功の近道です。

優秀な人材の確保

優秀な人材の確保は塾の命運を決めると言っても過言ではありません。

いま生徒や保護者が求めているのは、授業料の安さではなく、指導の質です。質の高い塾が選ばれる学習塾市場で、優秀な人材の確保は非常に重要。指導の上手な先生がいれば、口コミでその塾の評判が高まり、集客は圧倒的にしやすくなります

開業しやすく、年収も増えやすいFC塾

FC塾は、ほかの業種でのフランチャイズよりも圧倒的に開業しやすいのが重要なポイント。在庫の仕入れや管理はほとんど必要ありませんし、飲食店のような改装費もそれほどかかりません。授業に必要な最低限の設備で開業できます。

教室の運営や人材確保、集客、教材などもフランチャイズ本部にノウハウや情報があります。それにしたがって運営をすることができれば、他業種よりも開業のハードルははるかに低いと思います。

上でご紹介したように、開業5年目で年収1,000万円も珍しいことではありません。生徒数80名の学習塾だけでも、その年間利益は1,500万円を超えることが可能。はっきり言ってしまえば、利益の出やすい業種です。

ポイントさえ押さえれば、成功が近いFC塾での開業。新規事業や新しい収益の柱を考えている方には、ぜひチェックしていただきたいFCシステムだと思います。