大阪

大阪で学習塾を経営したい方必見の、人口構成と通塾に関するデータをご紹介しています。

大阪で塾経営するなら必見!大阪で塾開業のチャンスがあるエリアとは?

いわずとしれた日本の大都市、大阪。その人口の多さとともに、経済規模の大きさからも、学習塾業界の激戦の地となっています。

たしかに競争は苛烈ですが、そこにチャンスがないわけではありません。人口構成や通塾率などのデータを丁寧に見ていくと、大阪に学習塾経営に参入するチャンスがあるのかどうかがわかります。

そこで、ここでは大阪の人口構成と通塾に関する実態のデータ、および塾経営をはじめるなら狙い目の3エリアをご紹介していきたいと思います。

学習塾に関するデータ・大阪編

  • 5~9歳人口 約40万人
  • 10~14歳人口 約41万人
  • 小学生通塾率 50.3%
  • 中学生通塾率 73.0%
  • 学習塾の総数 約3700件
  • 小中高生1万人あたりの塾数 37.83軒

5~9歳、10~14歳人口とも全国3位。意外にも、神奈川県に次ぐ数字となっています。しかし、もちろんそれは全国最大規模の数字。学習塾に対するニーズは一定数あります。

ただし、注意が必要なのは通塾率の低さ。特に小学生通塾率は全国11位で、大都市の割に低くなっています。小学生のころからの教育には意識があまりないようで、中学生以降向けの学習塾のほうが安定しそうです。

小中高生1万人あたりの塾数は全国22位。ただし、1校で200~300人という生徒を抱える学習塾や予備校が数字を下げている可能性があります。楽観的ではいられませんが、依然として学習塾開業へのチャンスはあります。

学習塾を経営するならここが狙い目!in大阪

東三国

梅田などへのアクセスは良いものの、そちらへは生徒が流れきらないと予想できるのが東三国周辺。大阪市内より北からの生徒も期待できるだけでなく、周辺の地域の生徒の多さにも期待ができます。

守口

大阪市内ではありませんが、守口エリアも大阪での塾開業にオススメのエリアのひとつ。大阪市内中心部は競争が激化していて難しいところがありますが、ほどよく距離があり、商圏として独立しているので狙いめです。

阿部野

こちらも、大阪の中心部では新規参入がなかなか難しいことから選ばれた地域。開発が進むエリアというだけでなく、各地からのアクセスもよく、生徒が学校の帰りなどに通いやすいという点から有利です。