HOME » 塾のフランチャイズ加盟のメリット・デメリットを知る

塾のフランチャイズ加盟のメリット・デメリットを知る

学習塾を経営するなら、フランチャイズ加盟が断然有利。そのメリットとデメリットをまとめながら、フランチャイズが有利である理由をご紹介します。

学習塾の経営・フランチャイズ加盟のメリット・デメリットとは

塾を開業・経営する場合には、フランチャイズに加盟して開業するパターン、はじめから独立開業をするパターンの2通りがあります。それぞれにメリットとデメリットがあり、それを知ったうえでどちらかを選ぶことが大切です。

ここでは、学習塾開業・経営のフランチャイズ加盟と独立開業のメリット・デメリットをそれぞれまとめています。結論として、どちらが有利なのかご紹介していきたいと思います。

独立開業のメリット・デメリット

メリット

  • 加盟金やロイヤリティが不要で、利益はそのまま自分のものとなる
  • 経営に自分の創意工夫を反映させることができる
  • 自分の責任で経営ができる

デメリット

  • 失敗のリスクが大きい
  • 集客、経営、指導などすべてのことをゼロから始めなければならない
  • 知名度がない
  • 業界内での情報交換などができない

フランチャイズ加盟のメリット・デメリット

メリット

  • 未経験でも始められる、誰でも始められる
  • 集客や指導、経営のノウハウがあり、指導も受けられる
  • フランチャイズグループでの知名度がある
  • 複数店舗の経営もしやすい
  • スケールメリットが得られる
  • リスクを抑えた経営ができる

デメリット

  • 経営に創意工夫を反映させることができない
  • 加盟金やロイヤリティの支払い義務がある
  • 失敗の実績もある
  • 教材などをフランチャイズ本部から仕入れる必要がある

学習塾経営ならフランチャイズ加盟が有利!

このように、独立開業、フランチャイズ加盟ともにメリットとデメリットが存在します。

こうして比較してみると、よりメリットが大きいのはフランチャイズ加盟ではないでしょうか。成功事例をたくさんもつフランチャイズグループのノウハウをもって経営を始めるわけですから、軌道に乗りやすいのはフランチャイズでの起業です。知名度による集客効果も当然あります。

経営が軌道に乗った後もロイヤリティの支払いがあるのはデメリットですが、それ以上に起業そのものを成功させやすいメリットの方が重要です。複数店舗を経営すれば、収益もそれだけ大きくなります。

独立開業はリスクが大きく、お勧めはできません。まずはフランチャイズ加盟を検討してみてはいかがでしょうか。